【書評】人生のモヤモヤも論語にお任せ?

0
アヲノ旗
こんにちは、無知の知晴れのアヲノ旗(@awonohata)です。

この記事では、山田 史生著『物語として読む 全訳論語 決定版』をご紹介します。

物語として読む 全訳論語 決定版』は、2019/04/01に刊行されました。
今回の記事は、NetGalleyにて、トランスビューさまに提供いただいた版を紹介しています。

【『物語として読む 全訳論語 決定版』を三行で表すと?】

  1. 著者の解説も心温まる、論語の全訳書
  2. 論語、いつか読んでみたいけど…という人にオススメ
  3. 20章立てで、興味のある項目から読むことができる

【『物語として読む 全訳論語 決定版』を読むとどんな気持ちになる?】

  • 現代にも通じる名言揃いで、人生のモヤモヤに答えてくれます

【『物語として読む 全訳論語 決定版』まとめ】

「子曰く、君子は人の美を成し、人の悪を成さず。小人は之に反す。」

本書の中で、一番心に残ったものです。

ざっくりとした意味は、

「相手の身になって考える生き方をする人は、人の良いところを褒め、悪いところには目をつむる。
そうでない人は、その逆のことをする。」

です。

私もたまに、他人の至らない点ばかりが目についてしまい、イライラしてしまうことがあります。

しかし、その厳しい批判の目は、いずれ自分にも向けられるようになります。

他人を見る視線が、知らず知らず自分の首を締めているのいるのかもしれないとハッとさせられました。

既知のものから未知のものまで、著者の暖かな語り口とともに楽しめる本です。

【達成!】目指せ50レビュー! NetGalleyで読んだ本2020

1月 22, 2020
0

ポチッと応援して頂けると励みになります!

にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ


無知の知晴れ コンプレックスと向き合うブログ - にほんブログ村

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

メーカーで働いています。今は広島勤務です。

2020年秋、自分自身が転勤になったことをきっかけに、自分にはもっと別の道があるんじゃないかな?と模索し始めました。今後どうするかは分からないけれど、自分と向き合う、を積み重ねていきたいと思います。

自分が知らないことを自覚(無知の知)して、コンプレックスと向き合っていくブログです。 端的に言うと、大人の学び直しです! 主に、自分で勉強したことや、読んだ本について書いています。

◎今まで合格した資格
  • ITパスポート
  • ウェブデザイン技能検定3級
  • ドイツ語検定準1級
  • 世界遺産検定4級・3級
  • ファイナンシャルプランナー3級
  • 危険物取扱者乙4
◎パーソナルカラー診断・骨格診断
  • イエベ秋(セミナーにて診断)
  • 骨格ナチュラル(自己診断)
  • 顔タイプエレガント(ORBISアプリ診断)