【ビジネスの基礎としての数字の扱い方を教えてくれる本】山本峻平著『商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ』(あさ出版)

0
アヲノ旗
こんにちは、アヲノ旗です。
今回は、山本峻平著『商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ』(あさ出版)について書きました。

ビジネスの基礎としての数字の扱い方を教えてくれる本

仕事に必要なのはわかっているけれども、数字が苦手だ…! という私のような方にこそ読んでもらいたい本。カンマで区切られた大きな数字の読み方から始めるので、ハードルが低く設定されています。

世界各国のGDPや、日本経済の地域格差、どれだけあるか分かりますか? 例えば、東京の同月の平均気温や降水量を知っていれば、旅行先の数値と比べることで、どういった気候なのか想像しやすいですよね。大きすぎる数字だと、実感が湧きませんが、「基準」を把握しておくことで、数字をぐっと身近に引き寄せられるようになります。

「ポイントは3つにまとめよう」というのが、一番すぐに実践できるのではないかなと思いました。

例えば、この本を読むべき理由として、

  1. 数字の扱い方を知ることで、経営者目線を培い、商談に大切な軸を把握できる
  2. ビジネス原則を知っておくと、細やかなフォローができる
  3. 具体的な数字を挙げると、相手に理解してもらいやすい

などが挙げられます。こんな風に、使うことができるんですね。

アヲノ旗
思わず誰かに話したくなってしまう、最低限知っておくと使える数字の基準。今日から使える頼れる味方を一緒に身につけてみませんか?

0

ポチッと応援して頂けると更新が速くなります!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ABOUTこの記事をかいた人

アヲノ旗

メーカーで働いています。今は広島勤務です。

大好きな人と日本⇄海外の超遠距離恋愛になったのをきっかけに、「会えない間、もっと自信を持てる自分になろう!」と思い立ち、このブログを立ち上げました。

2020年秋、自分自身が転勤になったことをきっかけに、自分にはもっと別の道があるんじゃないかな?と模索し始めました。今後どうするかは分からないけれど、自分と向き合う、を積み重ねていきたいと思います。

具体的には、自分が知らないことを自覚(無知の知)して、コンプレックスと向き合っていくブログです。 端的に言うと、大人の学び直しです! 主に、自分で勉強したことや、読んだ本について書いています。

◎今まで合格した資格
  • ITパスポート
  • ウェブデザイン技能検定3級
  • ドイツ語検定準1級
  • 世界遺産検定4級・3級
  • ファイナンシャルプランナー3級
◎パーソナルカラー診断・骨格診断
  • イエベ秋(セミナーにて診断)
  • 骨格ナチュラル(自己診断)
  • 顔タイプエレガント(ORBISアプリ診断)